電話のアイコン

04-2000-8162

ブログ・ニュース

日々の仕事

「ホームページを作ったら問い合わせが来る」は間違い

飲食店を出店することにして綺麗な店を構えていざオープン。でも思うようにお客さんが来ない。そんな時、ただずっと待つんじゃなくてチラシを駅前で配ったり、何らか行動すると思うんです。

これはホームページも全く同じで「良いホームページを作ったら問い合わせが来る」は間違い。むしろそこからがスタートです。厳密にいうと正しく運用すれば問い合わせは来るようになります。

正確にいうと「良いホームページを作ったら何もしなくても問い合わせが来る」は間違いが正解です。

この記事ではもし「良いホームページを作ったら何もしなくても問い合わせが来る」と思っていらっしゃる方がいれば、正しい思考へと導き具体的に動き出せるようにお手伝いしたいと思いながら書いています。

ここでいうホームページはリニューアルではなく、新しくホームページを作って公開することを前提としています。

なぜ良いホームページを作っても問い合わせが来ない場合があるのか?

「良いものを作っても、知ってもらえなければ売れない」というような言葉は一度は聞いたことがあると思います。この言葉は商品やサービスのことを指していることが多いですが、ホームページもまさにこれと同じです。

イメージしやすいようにまずはリアル店舗に置き換えてみます。例えばあなたは飲食店のオーナーです。人が多く集まる渋谷にお店を出すことができたのですが、お店の場所は繁華街の外れの7階建てのビルの5階です。

味には自信があり内装にも力を入れきれいなお店です。もしお店の出来に満足し知ってもらう施策を何もせず、お客さんが来るのをひたすら待つという姿勢でいた場合どのようなことが想定されますでしょうか?

まず殆どの人はお店を認知できないでしょう。たまたまビルの前を通りかかった人が上を見上げて看板を見て、たまたま認知したというレベルでしかないはずです。これで多くのお客さまで賑わう繁盛店になりますでしょうか?

ホームページの存在を知らなければアクセスしようがない

先程の渋谷の飲食店の例と同じことがホームページにも言えます。よくホームページは24時間365日営業マンになると言われていますが、あれはホームページが認知されて初めて期待できることです(実際には認知してもらうだけでは足りず、さらなる行動が必要です)。

今や誰でもネットにアクセスする時代です。逆にネットを利用しない人は稀でしょう。それぐらいネット上には人が溢れかえっていますが、比例するようにホームページも無数に存在しています。

だからこそホームページを公開すれば問い合わせが来る、売上があがるといった認識は淡い期待でしかなく、ホームページを正しく運用してまずは認知されることが必要です。

さらに良いサービスを提供し、それをわかりやすくホームページ上で表現し、興味を持ってもらわなければ、問い合わせや売上には繋がらないのです。

ちょっと余談ですが…ホームページはリアル店舗に置き換えると分かりやすい

ここまで飲食店の話しを例に出していますが、実はホームページに関する多くのことは、リアル店舗に置き換えることができます。

ホームページってよく分からない、なんとなく難しそうと感じる方も多いですが、リアル店舗に置き換えることさえできれば、理解するスピートが格段に進むと考えています。

そのためリアル店舗でいうと何のことなのか?という分かりやすい例えを今後も意識したいですし、お客さまにも考える癖をつけておくことをおすすめしていこうと考えています。

またまた飲食店の例で話を進めます。もし初めて入ろうとするお店がぱっと見て、中華屋さんなのか、焼肉屋さんなのか、それともお寿司屋さんなのか、何屋さんかわからないと入りにくいですよね。

普通はお店の看板や暖簾を見ればすぐ分かりますし、外観でもある程度なんとなくは分かると思います。

ホームページで言えば看板や暖簾はトップページのコピーに、お店の外観は見た目のデザインに、お店の前の食品サンプルが並んでいるショーウィンドウはサービス紹介ページに置き換えられます。

お客さんの心理も同じで、リアル店舗(アパレルショップ)において入店してすぐ商品説明をしてくるスタッフさんに鬱陶しさを感じた経験を持つ方は多いのではないでしょうか?ホームページで言えば、訪問直後にポップアップが表示されおすすめのサービスを紹介されたりしたら鬱陶しいですよね。

ここは私の主観がかなり入りますが、リアル店舗で言えばいろんな商品をある程度見てから声をかけて欲しいものですし、ホームページで言えばあるページを一定時間(一定のスクロール)閲覧してから表示して欲しいものではないかと思います。

またWeb業界の用語などに関しても同じように置き換えられるので、一部を抜粋します。

  • セッション=お客さまが来店してくれた回数
  • 平均ページ時間=来店してくれたお客さまの店内の平均滞在時間
  • ユーザあたりのセッション数=1人のお客さまが何回来店してくれたかの平均数
  • Web広告施策=駅のホームに広告を出す、フリーペーパーに広告を出す、地域の住宅にチラシを配るなど

このように見せ方だけでなく、お客さんの心理、用語や施策など、さまざまな場面で実は置き換えることができます。

リアル店舗に置き換えると、お客さんとして普段からさまざまなお店を利用しているので心理状況もわかると思いますし、お店のつくりなども理解しやすいと思います。

知ってもらわなければ始まらない。じゃあどうすればいいの?

リアル店舗の場合はどのようなことが考えられるでしょうか?(ホームページとの違いをよりわかりやすくするためにデジタル施策は省いています)

  • 最寄り駅に広告を出す
  • 近隣に折り込みチラシを配る
  • 入居ビルの前に立て看板を出す
  • 駅前でチラシを配る
  • 入居ビル周辺でユニフォームを来て掃除する など

他にもやろうとすればいくらでもあると思いますが、新しくお店を出したら、もしくは思うように売上があがらなかったら何かしら行動をすると思います。

ではホームページでは認知してもらうために何をすればいいの?

正しい認識を持つことができても行動しなければ何も変わりません。では具体的に何をしたら良いのか?の前に、まずホームページへの集客経路はどのようなものがあるのかを把握しておいた方が良いでしょう。

  • 自然検索検索からの流入(キーワードで検索し、表示された検索結果をクリックして訪問)
  • 有料広告からの流入
  • SNSからの流入
  • 外部サイトからの流入(他社・他人などの自社外のホームページからの訪問)
  • ダイレクトでの流入(メルマガに貼ったURL、名刺やチラシなどの印刷物に掲載されたURLの直接入力、お気に入りからの訪問など)

上記のようなものがあります。ホームページへの集客経路に関して、より詳しく紹介している記事がありますので、ぜひ合わせてご覧ください。



そして具体的な施策としては次のようなものがあります。

  • ブログなどお役立ち情報を発信する(外部ブログではなく自社のホームページ内で運用することをおすすめします)
  • SNSを使って情報発信、お客さまと交流する
  • Googleマイビジネスを運用する
  • 各種有料広告 など

他にもありますが、大まかには上記のようなことを基本施策として検討し、できることから取り組んでいくと良いでしょう。

結局はお金か時間をかけるか。労力なしで上手くいくなんてことはない

ここまでお読みいただくとわかると思いますが、認知してもらうのに楽な道はありません。これはリアル店舗も同じでしょう。

今、問い合わせや売上をあげ成果を出しているホームページは最初から上手く言っていたわけではなく、多くは試行錯誤を繰り返しやるべきことを地道に続け、そして成果を徐々に出し始め今に至っています。

結局、大きく分けると時間をかけるか、広告を打ってお金をかけるかになります。世の中楽に稼げる魔法がないように何の労力をかけずにホームページを認知してもらい、問い合わせなど成果に繋がるようなことが自然に起こりうることはありません。

これらを踏まえ、作ったホームページを自社の未来のお客さまになるであろうユーザにとって良いホームページへと育てていくことを一緒に目指しましょう。

まとめ

ホームページで成果を出すことは簡単ではありませんが、新しく作ったホームページを正しく運用すれば成果を出すことができます。

この記事が少しでもホームページに対する考え方の参考になれば嬉しく思います。

「日々の仕事」ブログでは、ホームページ制作の現場において実際の出来事、思うことなどを中心にホームページのご担当者さまのお役に立つような情報を発信していますので、ぜひ他の「日々の仕事」も合わせてご覧ください。
他の「日々の仕事」はこちら

この記事をシェアする
  • Twitterアイコン
  • Facebookアイコン
  • LINEアイコン

よく読まれる記事

お客さまの想いや、
お悩みをお聞かせください。

お悩みをかかえているようでしたら、ぜひお聞かせください。
ホームページのことはわからないことが沢山あると思います。
それは皆さん同じです。
身近な例を用いるなど、できるだけホームページのことを分かりやすくご説明することを大切にしています。

お問い合わせ

ホームページに関するご依頼やご相談に関することは、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせはこちら

※オンラインでの無料相談実施中

会社案内ダウンロード

お客さまの社内で検討する際など、そのまま配布できる会社案内をPDFにてご用意しております。

お電話でのお問い合わせはこちらから

04-2000-8162

04-2000-8162

平日10:00〜18:00
(土日祝日は休みをいただいています)

少しでもお客さまのお役に立つような情報発信を心がけている、埼玉県所沢市のWeb制作会社スピンスレッドの「ホームページを作ったら問い合わせが来る」は間違いの詳細ページです。埼玉県所沢市のWeb制作会社スピンスレッドは、データ分析を通したサイト設計とユーザ視点による制作、そしてお客さまの体制に合わせた運用方法のフォローを通し、お客さまのビジネス課題を解決します。ホームページの新規作成、またはホームページのリニューアルはもちろん、既存のホームページの改善もお任せください。