ブログ・ニュース

日々の仕事

ポップアップ広告を表示するタイミングにおける注意点

検索結果一覧から、気になるサイトへ遷移した瞬間にコンテンツを覆い尽くして表示されるポップアップ広告。多くのユーザにとって「うっとうしい」と不快に感じさせる手法に対し、Googleは2017年1月10日からモバイルサイトにおいてこのポップアップ広告(一部例外もあり)を使用しているホームページの順位を下げることを決定したことをご存知の方もいると思います。

今日はペナルティーのことではなく、これらが現れるタイミングについてフォーカスしてみたいと思います。

ポップアップだけでなく、ユーザの疑問点をいち早く解決するためのツールであるチャットボットでも同様のことを感じることがありますが、訪問してすぐに表示されてコンテンツが隠れてしまうのは、ユーザ側からすると不満を感じる要素となります。

運営サイドとしては、ユーザに満足して欲しいと思っているはずなのに、なぜこのようなことが起こるのか?この問に対して、ホームページをリアル店舗に置き換えるとイメージしやすいのではないかと感じています。

本日はタイミングについて、リアル店舗での例を交えつつブログを進めたいと思います。

結論:ポップアップ広告を出すタイミングをユーザ視点で考える

まずは共通認識を持つために、全画面のポップアップの例を見ていただこうと思います。

全画面ポップアップの例
ポップアップ広告の例(左がPC、右がスマホページ)

あくまでも上記はポップアップのイメージを見ていただくための参考例として表示していますが、これらが訪問した瞬間に表示されたらどうでしょうか?

検索結果でタイトルやスニペットを見て自分が欲しい情報がここにあると感じ、コンテンツを見てみようとサイトを訪問した瞬間、いきなり邪魔されたと感じてしまうのではないでしょうか?

リアル店舗に置き換えると、例えば気になったアパレルのお店に入ったと同時に、店員さんに「この服が今オススメなんですよ」と言われているのと同じ状態です。

お客さまからしたら、「私がどんなカラーや素材が好きで、シャツを見ようと思ったのか、パンツが気になっているのかなど、まだ何も把握していないのに、いきなりオススメしてくるのはうっとうしい」となります。

出来る店員さんは、お客さまの着ている服装からある程度好みをキャッチするとは思いますが、入店してすぐに声をかけるということはしません。

見て見ぬ振りをして横目でしっかりお客さまを追い、例えばお客さまがキョロキョロし始めたところで素早く声がけするなど、タイミングをしっかり見極めています。

では、ホームページ上ではどのようにすべきかを考えてみます。

一定以上スクロールしたら出す

例えば1500pxなど一定以上スクロールしてから表示させるということであれば、該当ページを読み進んでいると判断し、関連があるセミナーや資料のダウンロードを促すポップアップを表示させることは一つの選択肢になります。

とは言っても、この場合はそれ程興味がなく単にスクロールしているだけの可能性もあるので、絶対的に読まれているとも限りません。

上にスクロールしたら出す

ページの下部まで読み進めたユーザが取る行動の一つに、ページ上部に戻るという行為があります。上に戻るということは、ここでのページの用は済んだから次のアクションを起こそうとしている可能性が高いです。

その時に、ポップアップを表示させることは、コンテンツを読もうとしているユーザの邪魔をすることがないので、不満を与える可能性は限りなく低くなります。

4秒止まってまた動き出すなど熟読していると判断したら出す

例えば4秒間その場に止まり、そこからさらにスクロールする。そのようなことを繰り返すということは、熟読しているということが伺いしれます。

熟読しているということは該当ページに関心があると判断できるので、このような状態で表示させることは、表示させる内容によっては非常に大きな効果が出せる可能性があると言えます。

そもそもなぜユーザが鬱陶しく感じるポップアップ広告の出し方になるのか

運営サイドの視点でしか考えていないから」の一言につきると思います。

先にあげた参考例のようなオススメのセミナーというのは、もちろんユーザに関心を持っていただけるであろうということで表示させている面もありますが、それよりも運営サイドがセミナーへの集客を強化したいという面が強いはずです。

他にも資料請求や無料相談申し込みなどへの誘導も同じようなことが言えます。つまり企業がユーザに取って欲しい行動ばかりにフォーカスし過ぎて、ユーザが抱く感情に大きく関わるタイミングについては深く設計されていないと思わざるを得ません。

ポップアップ広告を出すべきタイミングをリアル店舗として考えるとイメージしやすい

先にも触れましたが、お店に入ってすぐに声をかけられたり、すぐ後ろをついて来られることに嫌悪感を抱く人は少なくないと思います。というより多いのではないかと思います。

接客されて気持ち良いなということをして、嫌な気持ちになることはしない。

リアル店舗とWebという特性上、全てをそのまま持ち込むことは不可能ですが、それでもリアル店舗の接客と同じように捉えることが大事だと考えます。

ある程度長く店舗に居続けるということは、その店舗の商品が気になっている可能性が高いはずです。

例えばシャツのエリアでずっと同じシャツを見続けているのであれば、同じようなシルエットの異なる素材のシャツや、シャツに合いそうなパンツをオススメすしたり、「試着して実際にご覧になられてはどうですか?」というように声がけすることができます。

このようにある程度、お客さまの動向を把握してから声掛けすると、「あぁ、いいタイミングで声かけてくれた」となるのではないでしょうか。

このように逆の立場で考えると、効果的なポップアップを出すタイミングというものが見えます。そして、結果的にユーザに不満を抱かせることなく、場合によっては感謝されるような施策にすることができます。

まとめ

運営サイドの意図があるとは言え、ユーザに関連する広告を案内すること自体は本来は親切な行為であるはずです。にも関わらず、ユーザに不快感を与えホームページへの評価が下がってしまうことは本末転倒です。

内容だけでなくタイミングにもしっかり注意を払っていくことで、より効果的なポップアップとなるのは間違いないと思います。

「日々の仕事」ブログでは、ホームページ制作の現場において実際の出来事、思うことなどを中心にホームページのご担当者さまのお役に立つような情報を発信していますので、ぜひ他の「日々の仕事」も合わせてご覧ください。
他の「日々の仕事」はこちら

よく読まれる記事

お客さまの想いや、
お悩みをお聞かせください。

お悩みをかかえているようでしたら、ぜひお聞かせください。
ホームページのことはわからないことが沢山あると思います。
それは皆さん同じです。
身近な例を用いるなど、できるだけホームページのことを分かりやすくご説明することを大切にしています。

お問い合わせ

ホームページに関するご依頼やご相談に関することは、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。

会社案内ダウンロード

お客さまの社内で検討する際など、そのまま配布できる会社案内をPDFにてご用意しております。

ダウンロードはこちら(準備中)

お電話でのお問い合わせはこちらから

04-2006-6773

04-2006-6773

平日10:00〜18:00
(土日祝日は休みをいただいています)

埼玉県所沢市のWeb制作会社スピンスレッドは、データ分析を通したサイト設計とユーザ視点による制作、そしてお客さまの体制に合わせた運用方法のフォローを通し、お客さまのビジネス課題を解決します。ホームページの新規作成、またはホームページのリニューアルはもちろん、既存のホームページの改善もお任せください。