電話のアイコン

04-2006-6773

ブログ・ニュース

日々の仕事

直帰率が高い=読まれていない意味のページなのか?

以前、「直帰率だけで判断する危険性」でも同じようなことを書きましたが、「直帰率が高い=価値のないページ」と決めつけてしまうのはとても危険です。確かに直帰率が高いページは、価値がそれほどないページであるという傾向はあると思いますが、実際にはユーザがページの内容を熟読している可能性があります。

それを知るための方法の一つにヒートマップがありますが、今日はそのヒートマップツールについて少し掘り下げていこうと思います。前回の記事と話がつながっている部分もありますので、今日の記事の前に前回記事を読んでいただくことをオススメします。(前回記事「直帰率だけで判断する危険性」)

そもそもヒートマップとは

ヒートマップとはホームページ上におけるユーザの動きを可視化するためのツールです。具体的にはホームページを訪問したユーザのマウスの動きなどからデータを取得し、色を使ってひと目でよく読まれているエリアや、よくクリックされているボタンなど、ページの状況を把握できるサービスです。

このヒートマップから得られる情報として主なものとしては、下記のようなものがあります。

  • ページのどのエリアをユーザーが熟読しているか
  • ページ内でユーザがクリックしている箇所
  • ページのどこまでユーザがスクロールしているか

ヒートマップを提供しているサービスは複数あり、無料のものと有料のものとあります。また、各サービスによって機能や特徴も様々です。

各サービスによって機能は違うとは思いますが、当社が利用させていただいているミエルカヒートマップは、任意の期間を設定したり、PCやスマホといったデバイス別、自然検索やソーシャルからの流入別など、条件を絞って取得することが可能です。

実際に直帰率が高いページをヒートマップで見てみた

実際に当社のあるブログのヒートマップをご覧いただきたいのですが、その記事は5月14日にアップしたユニクロのセルフレジのことを書いた記事です。(ユニクロのセルフレジを試してみた

ブログカテゴリ「社長日記」では代表の砂子が日々感じていることや、実際に経験したことなどを発信しているのですが、この記事が思いがけず「ユニクロ レジ」などのキーワードで上位表示され、多くの流入につながっています。

とはいっても、内容としてはホームページに関連する情報がメインではないため、直帰率は93.7%(2019年7月1〜31日)と非常に高い数字になっています。月によって多少の前後はありますが、毎月同じような数字です。

当初この数字を見た時は、Web制作会社のホームページとしては関連性がないコンテンツなのでほとんど読まれていないだろうと思っていたのですが、ヒートマップで見てみると思っていた以上にしっかり読んでいただいていることがわかりました。

下記はユニクロのセルフレジを試してみたの実際のヒートマップです。(あまりにも長くなってしまいますので、ページの2/3くらいで切っています)

スピンスレッドのブログの実際のヒートマップ

  • 左はどこのエリアが熟読されているかが把握できます。%の数値が高く赤くなっている箇所が良く読まれているエリアです。
  • 真ん中はページを訪れた全ユーザのうち、何%がどこまで読み進めたのかということを把握できます。
  • 右はユーザがページのどこをクリック(今回の例はスマホページなのでタップ)したのかが分かります。

当初は真ん中の数値がページ1/3程で10%くらいになっているのではと予想していたのですが、7割以上という多くの方が離脱せずにページ下部まで読み進めていただいていることがわかりました。

このようにアナリティクス上では直帰率が高いということしか分からないため、他ページに遷移することなくそのまま離脱するページということで価値がないと判断しがちですが、そうでない場合もあるということをご理解いただけたのではないかと思います。

まとめ

ヒートマップを導入していないと最終的な判断は難しいですが、必ずしも「直帰率が高い=価値がないページ」ではないということを、まずは頭に入れていただくだけでも今後の運営に多少なりとも役立てるのではないかと思っています。

当社としては、せっかく流入数が多いページですので少しでも他ページへ遷移するような導線を作り、まずは当社を知っていただくという流れを作ることがこのページの価値を高めることにつながります。

とは言っても、ユニクロのレジに興味があって訪問したユーザにはホームページ制作などの情報には興味がないので、実際には非常に難しいのが現状です。ここは試行錯誤を繰り返していきたいと思っています。

「日々の仕事」ブログでは、ホームページ制作の現場において実際の出来事、思うことなどを中心にホームページのご担当者さまのお役に立つような情報を発信していますので、ぜひ他の「日々の仕事」も合わせてご覧ください。
他の「日々の仕事」はこちら

よく読まれる記事

お客さまの想いや、
お悩みをお聞かせください。

お悩みをかかえているようでしたら、ぜひお聞かせください。
ホームページのことはわからないことが沢山あると思います。
それは皆さん同じです。
身近な例を用いるなど、できるだけホームページのことを分かりやすくご説明することを大切にしています。

お問い合わせ

ホームページに関するご依頼やご相談に関することは、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。

会社案内ダウンロード

お客さまの社内で検討する際など、そのまま配布できる会社案内をPDFにてご用意しております。

ダウンロードはこちら(準備中)

お電話でのお問い合わせはこちらから

04-2006-6773

04-2006-6773

平日10:00〜18:00
(土日祝日は休みをいただいています)

埼玉県所沢市のWeb制作会社スピンスレッドは、データ分析を通したサイト設計とユーザ視点による制作、そしてお客さまの体制に合わせた運用方法のフォローを通し、お客さまのビジネス課題を解決します。ホームページの新規作成、またはホームページのリニューアルはもちろん、既存のホームページの改善もお任せください。