電話のアイコン

04-2000-8162

ブログ・ニュース

日々の仕事

キャッチコピー一つで伝わる力が変わる

先日打ち合わせで広尾に行ったのですが、和菓子屋「船橋屋こよみ 広尾店」さんの外壁に貼ってあったポスターのキャッチコピーに目が止まりました。きれいに撮影された商品自体も目にとまる要素だったかもしれないですが、世の中販促物に溢れていて、商品がきれいに撮影されたものは他にいくらでもあります。そんな中でも船橋屋こよみ 広尾店さんのポスターに目が止まったのは、やはりキャッチコピーだったと思っています。

ホームページでも多くのユーザが最初に訪問するトップページのファーストビュー(訪問時に見えているページの上部の部分)は、一般的に大きな画像とキャッチコピーが配置されており、ひと目でどんなサービスを提供しているホームページか、また訪れたユーザにとってのメリットは何か?などを一瞬で伝えるという、ポスターと同じような意味合いがあります。

ホームページを改善する、または新規で制作する、もしくはリニューアルする際に非常に参考になると思うので、なぜ和菓子屋さんのコピーが目に止まったのか、具体的にお伝えしていこうと思います。

船橋屋こよみ 広尾店さんのキャッチコピー

外壁には他にも1枚か2枚ポスターがあったと記憶していますが、目に止まったポスターはこちら。

船橋屋こよみ 広尾店さんのくず餅プリンのポスター

この「450日熟成発酵 日本一手間をかけたプリン」というキャッチコピーが強烈に目に飛び込んできました。

キャッチコピーに具体的な数字が入っている

キャッチコピーの中でも特に「450日」という具体的な数字に目が行きました。素直にすごい。こんなに熟成させているのかと。もうこの時点で「どんなプリンなんだろう?食べて見たい!」という感情になっていました。

キャッチコピーの数字の魅せ方にも工夫を感じた

450日とは言い換えると約1年3ヶ月。恐らく1年3ヶ月というのは、切りが悪くインパクトとしても弱く感じられコピーとしては使いづらいと思います。また、1年3ヶ月でもすごい熟成期間だとは思いますが、心理的には450日と言われた方が、数字自体が大きいのでより長い期間熟成させている商品なんだという心理になりやすいと思います。

より驚きが伝わるようなキャッチコピーの工夫

また「手間をかけた」という部分も目が止まりました。人間は「手間がかかったもの=良いもの、嬉しいもの」と勝手に思い込む傾向があると思います。

例えば、手紙をもらった時、相手が手書きで書いた手紙か、パソコンで打った文章をプリントアウトした手紙かでは、受け取る側の印象は変わると思います。多くの方は「手書き=手間がかかっている=嬉しい」という感情を抱くのではないでしょうか。

また、食品でも機械でつくられたものか、職人さんが手作りした商品かでも印象は変わると思います。「職人の手作り=手間がかかっている=美味しいはず」。人によって感じ方は多少変わる部分もあるかもしれませんが、大きくはズレていないのではないかと思います。

このように、「手間をかけた=きっと美味しいはず」というお客さんの勝手に作り上げる思い込みを上手に取り込んだキャッチコピーだと思います。

まとめ

個人的には、「構想から商品化まで3度の開発中止危機を乗り越え誕生」など開発秘話的なものがあると、もう居ても立ってもいられない感情になるなと思いました。紙面の都合上難しいとは思いますが。。。

今回のブログのように言うのは簡単ですが、お客さんの目を引くキャッチコピーを創るのは簡単ではありません。まさに「言うは易く行うは難し」だと思います。

とはいえ、ホームページで言えば、良いキャッチコピーはユーザがそのまま離脱せず、その先を読み進めてもらえる可能性がグッと上がり、他のページに遷移してもらえ、商品購入や資料請求やお問い合わせなどにつながっていく大事な要素となります。街を歩いていると様々な販促物が目に飛び込んできますが、意識的にアンテナを張っておくことが重要ですね。

「日々の仕事」ブログでは、ホームページ制作の現場において実際の出来事、思うことなどを中心にホームページのご担当者さまのお役に立つような情報を発信していますので、ぜひ他の「日々の仕事」も合わせてご覧ください。
他の「日々の仕事」はこちら

埼玉県所沢市のWeb制作会社のスピンスレッド株式会社では、このブログ・ニュースを通しホームページのご担当者さま、小規模事業者の経営者さまへ向け、お客さまのホームページの改善等に活かしていただけるようなお役立ち情報をお届けします。

よく読まれる記事

お客さまの想いや、
お悩みをお聞かせください。

お悩みをかかえているようでしたら、ぜひお聞かせください。
ホームページのことはわからないことが沢山あると思います。
それは皆さん同じです。
身近な例を用いるなど、できるだけホームページのことを分かりやすくご説明することを大切にしています。

お問い合わせ

ホームページに関するご依頼やご相談に関することは、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせはこちら

※オンラインでの無料相談実施中

会社案内ダウンロード

お客さまの社内で検討する際など、そのまま配布できる会社案内をPDFにてご用意しております。

ダウンロードはこちら(準備中)

 

お電話でのお問い合わせはこちらから

04-2000-8162

04-2000-8162

平日10:00〜18:00
(土日祝日は休みをいただいています)

少しでもお客さまのお役に立つよううな情報発信を心がけている、埼玉県所沢市のWeb制作会社スピンスレッドのキャッチコピー一つで伝わる力が変わるの詳細ページです。埼玉県所沢市のWeb制作会社スピンスレッドは、データ分析を通したサイト設計とユーザ視点による制作、そしてお客さまの体制に合わせた運用方法のフォローを通し、お客さまのビジネス課題を解決します。ホームページの新規作成、またはホームページのリニューアルはもちろん、既存のホームページの改善もお任せください。