電話のアイコン

04-2000-8162

ブログ・ニュース

社長日記

「兆し」をどう捉えるか

先日、漢字にまつわる興味深い話を聞いたので、今日はそれをシェアしようと思う。漢字には他にも同じような話がたくさんあると思うが、今日は「兆」という文字について聞いたこと、さらに個人的な視点を加えてブログを書こうと思う。

兆しとは

辞書で「兆し」を調べると、物事が起こりそうな気配。兆候。とある。

「兆し」はどちらかというと、個人的には「回復の兆しが見える」など良い意味合いで使われることが多いようなイメージを持っているが、今回の話は、「兆」という文字に別の文字をプラスすることで様々な意味合いに変わってくるというものだが、今回の話での「兆し」は、少し複雑な要素を含んでいると思う。

よく「チャンスはピンチの顔をしてやってくる」という言葉を聞くが、そのピンチの顔をしたチャンスというニュアンスに近いと解釈した。もう少し掘り下げると、できれば避けたいと思うようなことだが、でも本当は立ち向っていく必要があると頭では理解している出来事が目の前に現れた。そんなイメージで、今日のブログにおける「兆し」を捉えると、より理解が進むのでないかと思う。

「兆し」に「辶」(しんにょう)を加えると「逃」

何か兆しが見えた時に、その場から逃げてしまう。

状況としては、立ち向かわなければならないとわかっていながら、一歩を踏み出す勇気がなかったりといった理由で逃げてしまうといったところだろうか。

ピンチの顔をしているので、どこかで失敗したくないという心理が働き逃げる。しかし、本来は立ち向かう必要があると感じているので、自分の心では逃げるなという声が聞こえる。その声自体は打ち消すことができないため、どうして逃げたんだという自己嫌悪に陥るし、人間としての成長はない。当然だが、ピンチの裏にあるチャンスを得ることもない。

「兆し」に「目」を加えると「眺」

何か兆しが見えた時に、傍観者としてその場で眺める。

状況としては、これは自分には関係はないという理由で、逃げることもせず、立ち向かうこともせず、ぼーっと眺めているだけ。

眼の前で起こっている出来事を自分ごととして捉えられていないため、立ち向かわなければならないということにも気づいていない状況なので、個人的には一番問題だと思う。自分ごととして捉える能力が不足しているので、例えば同僚が上司から注意されているのを見て、自分の言動に活かしていくことができない。成長する機会を自ら放棄しているようなものであり、様々な成長のチャンスを失っているので成長するスピードが遅い。当然、眼の前のピンチの裏にあるチャンスを得ることができないし、この場面での人間的成長もない。

「兆し」に「手」を加えると「挑」

何か兆しが見えた時に、立ち向かっていく。

状況としては、できれば避けたいという怖さや面倒だという心理が働くが、本当は立ち向かわなければならないという自分の心の声に従って挑戦する。

挑戦することは、時に意図せぬ結果を引き連れ失敗だと思い込んでしまうこともあるかもしれないが、意図せぬ結果は”やり方が間違っているんだよ”という単なるフィードバックに過ぎない。

また、ここが個人的には面白いと思っているが、失敗だと思っていたことを次に活かしていけば、「あの挑戦は失敗ではなく成功の種だった」というように過去の事実の意味付けを変えることができる。

何より大きいのは、この経験を通して人間として成長できることだ。そして、ピンチの裏にあるチャンスも唯一手にすることができる行動だ。

まとめ

当社の経営理念は「みんなが成長できる環境を創る」だ。現在地から一歩でも成長することが人生を豊かにすると本気で思っている。だからこそ、こだわっていきたいワードだ。

今日のブログは私自身への戒めの意味合いもあるが、理念にかかげている以上、「兆し」を感じたらどんどん挑戦していきたい。失敗を責めるのではなく、挑戦する姿勢を評価できるような、そんな会社にしていきたい。みんなが成長していくために。

「社長日記」では、代表の砂子がどういう人間なのかということを少しでも感じていただけるよう、日々感じること・体験したことなどを発信しています。ぜひ他の「社長日記」も合わせてご覧ください。
他の「社長日記」はこちら

埼玉県所沢市のWeb制作会社のスピンスレッド株式会社では、このブログ・ニュースを通しホームページのご担当者さま、小規模事業者の経営者さまへ向け、お客さまのホームページの改善等に活かしていただけるようなお役立ち情報をお届けします。

よく読まれる記事

お客さまの想いや、
お悩みをお聞かせください。

お悩みをかかえているようでしたら、ぜひお聞かせください。
ホームページのことはわからないことが沢山あると思います。
それは皆さん同じです。
身近な例を用いるなど、できるだけホームページのことを分かりやすくご説明することを大切にしています。

お問い合わせ

ホームページに関するご依頼やご相談に関することは、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせはこちら

※オンラインでの無料相談実施中

会社案内ダウンロード

お客さまの社内で検討する際など、そのまま配布できる会社案内をPDFにてご用意しております。

ダウンロードはこちら(準備中)

 

お電話でのお問い合わせはこちらから

04-2000-8162

04-2000-8162

平日10:00〜18:00
(土日祝日は休みをいただいています)

少しでもお客さまのお役に立つよううな情報発信を心がけている、埼玉県所沢市のWeb制作会社スピンスレッドの「兆し」をどう捉えるかの詳細ページです。埼玉県所沢市のWeb制作会社スピンスレッドは、データ分析を通したサイト設計とユーザ視点による制作、そしてお客さまの体制に合わせた運用方法のフォローを通し、お客さまのビジネス課題を解決します。ホームページの新規作成、またはホームページのリニューアルはもちろん、既存のホームページの改善もお任せください。