電話のアイコン

04-2000-8162

ブログ・ニュース

日々の仕事

SEOの内部対策は非常に地味な作業

コンテンツSEOという言葉が出回って久しいですが、日々オリジナルのコンテンツの重要性が増しています。この間もSEO専門の会社の代表と話す機会があったのですが、その傾向は近年どんどん強くなっているという話をされていました。有料リンク購入の被リンク全盛の時代に比べれば、非常に良い時代になってきたと思っています。なぜなら、労力はかかるけれどもサービスの対象となるユーザに向けて有意義になる情報を発信していけばホームページが評価される時代に向かっていることを意味しているからです。つまりお金をかければいいという世界は通用しなくなり、お金の面で体力がある企業だけでなく、体力がない中小企業にもチャンスが広がりつつあります。

ということから、自社でしっかり作ったオリジナルのコンテンツというのは、今後は今まで以上に大きな財産になっていきます。そのオリジナルというのが大前提の話ではありますが、先日あるキーワードを調べていた時に感じたこと、そして実際の当社の実例、さらには大切な考え方などを交えながら今日はブログを書こうと思います。

見出しにはキーワードをしっかり組み込んでSEO内部対策をしている

お手伝いさせていただいているクライアントに関連するサービスについて調べていた際にある情報サイトに辿り着いたのですが、情報も整理されているし、レイアウト的にも整っていて非常に読みやすいサイトでした。一般のいちユーザとして読んだ時には気づかなかったのですが、そのサービスのキーワードという視点で改めて見ていくと、全ての見出しに必ずキーワードが入っていて、しっかりとSEO内部対策がなされていました。

気づいてから改めてページを読み返すと、キーワードの出現頻度が高いので少し気にはなりましたが読みづらいというレベルの感じはなく、多くのユーザはキーワードの出現の多さには気づかず普通に読み進めるだろうと感じました。実際、クライアントのスタッフさん何人かに該当ページを読んでもらいましたが、「キーワードがたくさん出てきますね」なんて話は一切でず、こちらから指摘するまで気づいていませんでした。

全く違う業界の検索上位サイトでもこういう目線で見てみると、やはり見出しにはキーワードがしっかり入っていることに気づきます。記事を作成する時に必ずチェックポイントとしていれている仕組みが各サイトごとに持っているはずです。

ホームページの運営側としてはキーワードが多いとしつこいかもしれないと思ってしまいがちですが、ユーザ側としてはコンテンツがしっかりしていると、案外気づかいないものだということも自分の体験、そしてクライアントのスタッフさんへの実験を通して実際に確認できました。

SEO内部対策にはタイトルが今も重要

これは当社がお手伝いしているクライアントの話ですが、タイトルを変更したら一気にキーワードがあがったという実例です。ある複合キーワードで80位前後で推移していたのですが、そもそもタイトルにキーワードが抜けていたという致命的なミスがありました。

すぐにキーワードを追加したところ数日後には一気に30位台にあがり、さらにそのワードをタイトルの前の方に持っていくと一桁まであと一歩というところまで来ました。ページ自体にも変更するべき箇所があるのですが、一緒に修正してしまうとどの修正が順位の変動に要因になっているかがわからなくなってしまう点、またあえてタイトルのみでどのくらい変動するかを見るため、まずはタイトルのみを変更したのですが、実際にこれだけの大きな変動があります。

これら見出しを変更したり、タイトルを変更したりといったことは小手先のことではあり最重要事項ではありませんが、みんなしっかりと取り組んでいますし、実際に大きな順位変動があり重要であり、何より地道な努力の積み重ねでもあります。

SEO内部対策の後は順位変動のチェックが重要

SEO対策だけに限る話ではありませんが、変更などを行った後には検証が必要です。具体的には定期的に順位を確認しなければなりません。これを無料のツールを使ってやることも不可能ではないですが、時間がかかり過ぎます。ということから当社では専用のSEOツールを使って調べていますが、やはり専用のツールは便利なので、チェックに関してはあまり時間をかけずに済みます。

時間をかけることなくチェックできるので、毎日しっかりと確認出来ます。普段はそこまで気にする必要はないですが、大事なのは通常と違う動きがあった際にすぐに気づくことができる環境をつくっているかだと考えています。

通常とは違う異常な数値の変動があればすぐに気づくことができますし、その原因を探っていき問題があれば改善を行うことができる。つまりスピード感を持って対応できる。これこそがチェックの一番大事なポイントであり、そのためにはにはチェックに時間がかかり大きなストレスをかかることは避けなければならず、専用のSEOツールを使うことが大事になると考えます。

SEOに関する最新情報を得ることの大切さ

ただ、やっかいなのは例え順位が上昇し安定しても、ずっとその状態が続くということではないことです。日々アップデートされるアルゴリズムの変更により、ある日突然順位が変動します。そういった時にも専用のSEOツールは便利です。大きな変動があった際に競合サイトを登録しておくことで自社だけが影響を受けたのか、それとも競合も同じように影響を受けたのかなども把握することができるのも非常に参考になります。

また、常に最新情報を得ることが大切になりますが、SEOの最新情報としては、鈴木謙一さんのブログが非常に参考になり、当社では毎日チェックさせていただいています。

内部対策に限らずSEO全体のことになりますが、SEO対策とは最新情報を得て日々チェックし改善を重ねていく、終わりのない旅でもあります。非常に地味なものですが、とても大事なことでもあります。オリジナルのコンテンツをしっかり作ることをベースにしながら、細かいことにしっかり取り組めるかどうかが、ホームページ運営者には求められています。

「日々の仕事」ブログでは、ホームページ制作の現場において実際の出来事、思うことなどを中心にホームページのご担当者さまのお役に立つような情報を発信していますので、ぜひ他の「日々の仕事」も合わせてご覧ください。
他の「日々の仕事」はこちら

埼玉県所沢市のWeb制作会社のスピンスレッド株式会社では、このブログ・ニュースを通しホームページのご担当者さま、小規模事業者の経営者さまへ向け、お客さまのホームページの改善等に活かしていただけるようなお役立ち情報をお届けします。

よく読まれる記事

お客さまの想いや、
お悩みをお聞かせください。

お悩みをかかえているようでしたら、ぜひお聞かせください。
ホームページのことはわからないことが沢山あると思います。
それは皆さん同じです。
身近な例を用いるなど、できるだけホームページのことを分かりやすくご説明することを大切にしています。

お問い合わせ

ホームページに関するご依頼やご相談に関することは、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせはこちら

※オンラインでの無料相談実施中

会社案内ダウンロード

お客さまの社内で検討する際など、そのまま配布できる会社案内をPDFにてご用意しております。

ダウンロードはこちら(準備中)

 

お電話でのお問い合わせはこちらから

04-2000-8162

04-2000-8162

平日10:00〜18:00
(土日祝日は休みをいただいています)

少しでもお客さまのお役に立つよううな情報発信を心がけている、埼玉県所沢市のWeb制作会社スピンスレッドのSEOの内部対策は非常に地味な作業の詳細ページです。埼玉県所沢市のWeb制作会社スピンスレッドは、データ分析を通したサイト設計とユーザ視点による制作、そしてお客さまの体制に合わせた運用方法のフォローを通し、お客さまのビジネス課題を解決します。ホームページの新規作成、またはホームページのリニューアルはもちろん、既存のホームページの改善もお任せください。