ブログ・ニュース

社長日記

世の中捨てたもんじゃない

先日、急なお客さま訪問のために急いで電車へ乗ろうと小手指駅へ向かい、ホームに続く階段を降りている時に起こった出来事において、まだまだ世の中捨てたもんじゃないと感じたことがありました。

今日はその出来事をブログに書き記したいと思います。

空手着を着た少年の転倒

改札を通りホームに続く階段を降りていくと、私の目の前を小走りに階段を駆け下りる、空手道着を着た小6くらいと小3くらいの少年2人がいました。

あっと思った次の瞬間、小6くらいの少年が前のめりで思いっきり転んでしまいました。かなりの勢いで転んだものの頭は打っていないように見えたので、すぐに起き上がるかと思ったのですが、ピクリともせず全く動きませんでした。

周りにいた大人たちの素早い対応

私の目の前で起きた出来事だったため、すぐに少年に駆け寄り意識の確認を行いました。そして、意識があることを確認できたので、次に何をすべきかと顔を上げてからの光景に驚きました。

機転を利かせた女性

私が少年の意識を確認してふと横を見ると、少年の横を降りていた女性がすぐさまスマホを取り出していました。そして一緒にいた小3くらいの少年に、転んだ少年の名前と家の電話番号を聞き出し、その場で電話をかけていました。

このやり取りでこの2人が兄弟であることがわかり、女性は兄弟のお母さんに的確に状況を伝え、駅に迎えに来て欲しい旨を伝えました。

機転を利かせたこの女性の行動は、本当に早かったですし的確でした。

状況を素早く察知し代わりを引き受ける青年

横目でそのような光景を見ながらも、転んだ少年の意識が確認できたので、次は駅員さんを呼ばなければという判断をしました。

そして、階段を駆け上がろうとした瞬間、今度は「僕が駅員さん呼んできます」と言って代わりに階段を駆け上がっていく青年がいました。この青年も状況をいち早く察知、今自分が出来ることは何かを素早く判断し、そして実際に行動に移していました。

そして私は少年の元に戻り、小さな声でも聞き取れるよう少年の口元に耳を近づけながら、強打した箇所を確認しました。強打したのは腕で、改めて頭は打っていないということを確認しホッとするとともに、背中をポンポンと叩いて少しでも落ち着いてもらおうとしました。

文章にすると長いですが、この間は30秒足らずだったという感覚です。それくらい、周りにいた方々がそれぞれ自分に出来ることを素早く判断し行動に移していました。

少年2人を気遣う女性

その後も、別の女性が状況が少し落ち着いた頃、兄弟のことを気遣いスポーツドリンクを近くの自販機で購入しさっと差し出す光景も目に入りました。

自分の役割が終わったらまた日常に戻る

程なくして駅員さんが2人駆け付け、電話をした女性や私からの簡単な状況説明を聞くと、その場で救急車を要請してくれました。

そして、駅員さんが救急車が来るまで対応してくれるということで、自分たちがやるべきことはここまでと理解すると、みなさんそこで何事もなかったうように歩き出しました。

まとめ

私自身が一連の流れに関わっており、一歩引いて全体を見ていたわけではないので知らないこともあったかもしれませんが、現場にいた大人たちの行動は素早かったですし的確だっと感じています。

ネットなどで「大人たちは信じられない」などというような意見を見ることがたまにありますが、少なくてもこの兄弟には困った時に助けてくれる大人もいるんだということを感じてくれたら、すごく嬉しく思います。

「社長日記」では、代表の砂子がどういう人間なのかということを少しでも感じていただけるよう、日々感じること・体験したことなどを発信しています。ぜひ他の「社長日記」も合わせてご覧ください。
他の「社長日記」はこちら

よく読まれる記事

お客さまの想いや、
お悩みをお聞かせください。

お悩みをかかえているようでしたら、ぜひお聞かせください。
ホームページのことはわからないことが沢山あると思います。
それは皆さん同じです。
身近な例を用いるなど、できるだけホームページのことを分かりやすくご説明することを大切にしています。

お問い合わせ

ホームページに関するご依頼やご相談に関することは、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。

会社案内ダウンロード

お客さまの社内で検討する際など、そのまま配布できる会社案内をPDFにてご用意しております。

ダウンロードはこちら(準備中)

お電話でのお問い合わせはこちらから

04-2006-6773

04-2006-6773

平日10:00〜18:00
(土日祝日は休みをいただいています)

埼玉県所沢市のWeb制作会社スピンスレッドは、データ分析を通したサイト設計とユーザ視点による制作、そしてお客さまの体制に合わせた運用方法のフォローを通し、お客さまのビジネス課題を解決します。ホームページの新規作成、またはホームページのリニューアルはもちろん、既存のホームページの改善もお任せください。