電話のアイコン

04-2000-8162

ブログ・ニュース

社長日記

お客さまも気づいていない付加価値にどれだけ気づき提供できるか

今はちょっと調べ物したい時もネット検索ですぐに情報が入る時代。ものも溢れ、特にサービス提供側からすると、もうこれ以上は新しいサービスや新商品以外はものが売れないと感じてしまいがちな時代だと思う。

しかし先日、新商品でもなんでもない香典袋で「おおっ、それそれ、そこ気づいたか!」というようなサービスがあったので今日はそのことをブログに書こうと思う。

お通夜の時に使用する香典袋に新しいツールが

先日小学校からの友人のお父さんが亡くなり、お通夜に出席するため香典袋を買った。そしてお金を入れようと袋を開けたのだが、見慣れないものが入っていた。その見慣れないものというのがこちら。

香典袋に入っていたお名前書き便利シート
お名前書き便利シート

これは名前を袋の中央に揃え、そして曲がらず縦にしっかりと書くためのサポートツール。お名前書き便利シートというらしい。初めて見たのだが、確かにあると助かるし嬉しいものだと個人的には感じた。

ありそうでなかった名前を書くためのサポートツール、お名前書き便利シート

このツール、衝撃的な驚きというよりは、「ああっ、これこれ、これがあると便利だよね」といったちょっとした気遣いないようなものだ。だから感覚としては、「まさにありそうでなかったもの」というのがこれを見た時の感想だった。

この業界だけに限ったことではないが、長く同じ業界に携わっていればいるほど、固定観念が定着してしまい、なかなかこうした新しい価値を作り出すのは難しくなる。でも、お客さんの立場からすると革新的なサービスでなくても、ちょっとしたこうした心遣いがなんか妙に嬉しい気分になってしまう。

成熟業界であればあるほど、ちょっとした心遣いが大きな付加価値となる可能性が高い

例えば携帯電話が世に出始めたとき、電話を持ち運べること自体が驚きであり、商品自体が大きな価値を持っていた。その携帯電話でさえ、より小さくなることが求められ、写真を撮影できるようになり、そしてネット検索できるようになったように徐々に進化してきた。

今回の例のように成熟業界であればあるほど革新的な新しいサービスを生み出すということは難しいだろう。だからこそこのありそうでなかったような小さな付加価値を積み上げていくことが大事だと思うし、成熟業界であればあるほどその小さな付加価値のインパクトは新しい業界よりは大きくなると思う。

新しい価値を提供できるということは、他社との差別化にもつながるし、価格も上げることができるので、サービス提供側としてはいいことばかり。しかし、これがなかなか簡単ではないので、みなさん苦労している部分なのだが、それでも常に進化して姿勢を持ち続けることは非常に大事なことだと思う。

Web業界も付加価値が求められていると感じる

これはWeb業界においても同じことが当てはまる。今やホームページを持つのは当たり前、作ったホームページをどうクライアントのビジネスに結びつけていくか。全てここに集約されているように思う。

今はホームページを新規作成したり、リニューアルしたりしただけで爆発的な売り上げに繋がることはほぼないといって言い。だからこそ作成後の運用においてどうすればホームページへの流入が増えたり、資料請求が増えたりするのかということを常に改善していくかが大事になる。

そのためのツールもたくさんあるし、今後も新しいものがどんどん出てくるだろう。サイト内を分析するための分析ツール、ホームページ上のユーザの動きを可視化するヒートマップツール、SEO順位チェックツール、ページの表示スピードを測定するツールなど本当に様々ある。

これらを単に導入するだけでなく、これらのツールを使用して得たノウハウをもとに、どのようにクライアントさまのビジネスに貢献していくか、今はここが何より重要だと思っている。

まとめ

常に新しい価値を提供していく姿勢を持ち続けていくことが大事なのはどの業界も同じ。当然当社としても引き続きクライアントさまに貢献していくために、日々試行錯誤しながら得たノウハウを積み上げていきたい。そして、得たノウハウを還元し貢献することを通し、クライアントさまから信頼していただくパートナーとしてのポジションを掴み取っていきたいと思う。

「社長日記」では、代表の砂子がどういう人間なのかということを少しでも感じていただけるよう、日々感じること・体験したことなどを発信しています。ぜひ他の「社長日記」も合わせてご覧ください。
他の「社長日記」はこちら

よく読まれる記事

お客さまの想いや、
お悩みをお聞かせください。

お悩みをかかえているようでしたら、ぜひお聞かせください。
ホームページのことはわからないことが沢山あると思います。
それは皆さん同じです。
身近な例を用いるなど、できるだけホームページのことを分かりやすくご説明することを大切にしています。

お問い合わせ

ホームページに関するご依頼やご相談に関することは、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせはこちら

※オンラインでの無料相談実施中

会社案内ダウンロード

お客さまの社内で検討する際など、そのまま配布できる会社案内をPDFにてご用意しております。

お電話でのお問い合わせはこちらから

04-2000-8162

04-2000-8162

平日10:00〜18:00
(土日祝日は休みをいただいています)

少しでもお客さまのお役に立つような情報発信を心がけている、埼玉県所沢市のWeb制作会社スピンスレッドのお客さまも気づいていない付加価値にどれだけ気づき提供できるかの詳細ページです。埼玉県所沢市のWeb制作会社スピンスレッドは、データ分析を通したサイト設計とユーザ視点による制作、そしてお客さまの体制に合わせた運用方法のフォローを通し、お客さまのビジネス課題を解決します。ホームページの新規作成、またはホームページのリニューアルはもちろん、既存のホームページの改善もお任せください。